スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

csvのxywh値からAzPainterで画像の座標範囲を選択状態にするスクリプト

文章化すると何やら微妙な感じになりましたが、前回のazpt2csvの逆バージョンです。
通常はマップデータを持っている製作者本人以外には見えにくいであろう、
「その定義で使用する画像範囲」をAzPainter上で選択状態にすることで確認しやすくします。

今回もUWSC用のスクリプトですが、前回と違ってExcel+AzPainterシリーズ専用です。
customUIに組み込もうかとも思いましたが必要なファイルが多いのでやめました。


以下、詳細。
スポンサーサイト

スキン製作に役立つかもしれないフリーソフト(ファイラ編)

今回はスキン製作に役立ちそうなフリーソフトの紹介を。
本当に役に立つかどうかはスキンによりますがとりあえず纏めてみます。

とは言っても画像・csv編集ソフトは機能云々よりも使い慣れたものが一番と思っているので、
ここではそれ以外の補助的なソフト(と言うかファイラー)を2点ほど。
どっちもややマイナーな気がしますが使い勝手は超一級品です。(.RED調べ)


以下、詳細。


AzPainterの選択範囲から座標値xywhを取得するスクリプト

※140607 スクリプトと本文をちょっと修正

.REDのスキン画像製作は90%がAzPainterで8%がAzPainter2、2%がGimpという状態です。
それぞれにそれぞれでしか出来ない処理があり、適切に使い回さないとパーツが完成しないところは
どこまでもフリーソフトだなぁと思いますが、画像編集用途では特にこれと言って不満もありません。

でまぁ、メインで使っているのはAzPainterなんですが、これ本来画像編集ソフトに要求する機能じゃないですが
LR2スキンのcsv製作用に座標値xywhを一括で取得出来たらなーと常々思ってたわけです。

スキン作家さんにはおなじみですが、
LR2で画像パーツを取り扱うには元画像内の切り出したい画像パーツのxywhを控えてcsvに記述し、
次にLR2の画面内での貼り付け座標xywhをcsvに記述する、という作業が必須。
規模にもよりますが一般的なスキンでおよそ500~1000パーツくらい、延々とこの作業を繰り返す形になります。
スキン作家が増えない訳ですねぇ。
.REDは特に三桁の数字の暗記は一度に2個程度が限界ってくらいの鳥頭なので、
入力ミス→再入力を結構な回数繰り返してより一層時間を無駄に使ったりしてました。

で、フルセット製作中からずっと自動化しようとあれこれ弄ってたんですが、
今年に入ってようやくそれっぽくなってきたのでバックアップ的な意味も込めて一度まとめておきます。
下書き記事書き溜めてたらこんな時期になっちゃいましたが。


座標の出力フォーマットは表計算ソフト用とテキストエディタ用どっちも選択可能ですが、
画像編集ソフトはAzPainterかAzPainter2限定です。
無印は2と違って選択範囲をドラッグしながらでもホイールスクロールによる拡大や、
ホイールドラッグによるキャンバスの移動が可能なので少なくとも範囲選択に関しては2より使いやすいと思います。
また、表計算ソフトはExcel、Calc(OpenOffice LibreOfficeどちらでも)に対応してます。


以下、手順

プロフィール

.RED

Author:.RED
アナコンでbeatmaniaシリーズを極めんと頑張り続けて14年。
CSDD、CSGOLD、CSDJT、CSEMPいずれもギリギリ皆伝

つか、右スティック。

動画
アナコン動画
LR2スキン動画

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
mail to .RED

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。